着席で飲む居酒屋とは違うところ

すべてフェイシャルエステ > 出会い > 着席で飲む居酒屋とは違うところ

着席で飲む居酒屋とは違うところ

出会いの場として立ち飲みバーはいかがでしょうか?着席で飲む居酒屋などと違い立ち飲みバーだと、異性と出会いやすいというメリットがあるので、ご紹介します。

立ち飲みバーのメリット

移動が自由

立ち飲みバーは、席がないので、お店の中をいくらでも行き来することが出来ます。

ですから、話したい女性がいれば、自然に声を掛けることもできちゃいます。

距離感が近い

ラウンジのような着席形式だと、テーブルを間にして、女性と向かい合うことが常識ですが、立ち飲みバーの場合、女性の横にそのままポジショニングすることも可能となってきます。

そのような感覚が、出会いの可能性を上げる一つのポイントにもなってきます。

コスパが良い

立ち飲みバーでは、席について、じっくりお酒を飲みながら、楽しむというスタイルとは違います。

そのため、少量だけ飲むという形でも問題ありませんし、一人でお店に行く人もいます。

それに、席がない分、価格も高くないので、立ち飲みバーのコスパは大変良いと言えるでしょう。

立ち飲みバーの注意点

ただ、地元の立ち飲みバーにて出会いたいと思っている人は、次のような点に気を付けてください。

疲れる

立ち飲みバーは、当然ですが、座る時間がないので、やはり疲れます。

しかも、人の出入りが激しいので、落ち着いてお酒を飲みたい人にはオススメできません。

落ち着いて話すのが難しい

立ち飲みバーでも人気のあるお店だとかなりガヤガヤしています。

活気があるのはいいことなんでしょうが、逆の意味ではうるさいとも言えるでしょう。

なのでお相手の女性と落ち着いたトーンで話すのが、難しく、大声を出さないといけない場合もあります。

社交性が求められる

立ち飲みバーでは、詰まる所、社交性が重要となります。

社交性を持ってない人は立ち飲みバーでも女性にアプローチしたり、会話を楽しんだりすることは、やはりハードルが高くなってくるのでしょう。

ですから、内気な方は、立ち飲みバーより出会い系サイトを活用した方が良いかと思います。

出会いを町田で探す